専業主婦でも借りれるカードローンの一覧

専業主婦でも借りれるカードローンについて

カードローンは万人向けのローンであります。

 

 

従って普通のサラリーマンや公務員などの正規雇用者以外の人でもカードローンは利用が可能です。

 

 

カードローンは数あるローンの中では最も審査が甘いローンの一種です。

 

だから正社員のサラリーマンや公務員は勿論、アルバイト、パート、自営業者、派遣社員、契約社員など色々な職業の人がカードローンでお金を借りることが可能です。

 

 

しかし、専業主婦の人は果たしてカードローンでお金が借りれるのでしょうか?

 

また、そもそも専業主婦はカードローンの審査が通るのでしょうか?

 

 

専業主婦は基本的に無職であり無収入であります。

 

従ってカードローンでは仕事をしていない専業主婦は融資の対象としていない場合が多いのです。

 

 

 

昔は専業主婦の方でも、カードローンで簡単にお金が借りれました。

 

しかし、多重債務などの借金問題が社会問題化して国は2010年に「総量規制」という法律を制定しました。

 

 

 

その総量規制という法律が専業主婦によるカードローン利用を著しく制限させてしまったのです。

 

 

総量規制という法律をざっと分かりやすく簡単に説明すると・・・

 

 

1)無担保のフリーローンなどでは年収の3分の1を超える融資が出来ない

 

 

2)無担保のフリーローンなどでは無職、無収入の専業主婦の融資が出来ない

 

 

という法律です。

 

 

主婦を含め一般人のローンの借り過ぎを防止する法律ですが、これで無職の専業主婦が借りれるローンが激減しました。

 

 

カードローンには「消費者金融」、「信販ローン」、「クレジットカード(キャッシング枠)」、「銀行ローン」の4つに分類されます。

 

 

総量規制の制定後、「消費者金融」、「信販ローン」、「クレジットカード(キャッシング枠)」の3点は専業主婦は原則借りれなくなりました。

 

※上の3つで専業主婦がどうしてもお金を借りたい場合は「定収入がある旦那さんの同意書」が必要となります。

 

 

 

唯一「銀行ローン」のカードローンだけが専業主婦が借りれるローンといえます。

 

 

 

以上、現在の法律の関係上で無職、無収入の専業主婦が借りれるカードローンは基本的に「銀行カードローン」のみと思って良いでしょう。

 

 

だから専業主婦が無担保、無保証人、旦那や家族に内緒でお金を借りたい場合は銀行カードローンから選ぶことになります。