専業主婦とカードローンの種類の一覧

専業主婦とカードローンの種類について

世の中には数多くのカードローンがあります。

 

 

その中には審査の甘いカードローンもあれば、審査の厳しいカードローンもあります。

 

 

では実際にカードローンの種類を取り上げてみます。

 

 

1)消費者金融系のカードローン

 

主に大手の消費者金融会社がカードキャッシングのサービスを提供しております。

 

テレビのCMなどでもお馴染みです。

 

 

また地方で運営されている中堅の消費者金融、中小の消費者金融などにも一部カードローンサービスを行っている所があります(カードを扱っている所は少数派ですが・・)

 

 

基本、大手も中堅も中小もそれほど審査が難しくありません。

 

甘い方だと思います。

 

 

但し、総量規制の法律の関係上、専業主婦の方が借りるのは難しいです。

 

借りる場合は旦那さんなど配偶者の同意書が必要となります

 

 

 

2)銀行系の消費者金融カードローン

 

 

銀行グループに属する消費者金融会社です。

 

1番の大手消費者金融を兼ねます。

 

 

なぜなら、最近では大手の消費者金融会社が銀行グループの傘下になる事が多いからです。

 

だから、銀行系消費者金融=大手消費者金融といっても間違いではありません(一部、例外もありますが)

 

 

銀行系の消費者金融はそれほど審査が難しくありません。

 

甘い方だと思います。

 

 

ただ専業主婦の方は原則借りることは出来ません。

 

借りるには配偶者(旦那さん)などの同意書が必要です。

 

 

 

3)信販系のカードローン

 

 

信販会社が提供するカードローンサービスです。

 

最近では金利も安く大口融資で銀行カードローン並に有利でお得なな貸付条件の信販系が増えました。

 

 

審査は消費者金融系カードローン、銀行系消費者金融カードローンに比べてやや厳しめです。

 

 

総量規制の法律によって専業主婦の方が単体で借りれることはありません。

 

借りたい場合は旦那さんの同意書が必要となります。

 

 

 

4)銀行カードローン

 

数あるカードローンの中で最も有利な貸付条件でありお得な低金利で借りれるカードローンでもあります。

 

銀行カードローンは上記の1〜3のカードローンとは違い、貸金法の適用を受けません(銀行法の適用です)

 

 

従って総量規制対象外であり、専業主婦の融資も可能となっております。

 

旦那さんや家族の同意書も不要です。

 

 

専業主婦の方がお金を借りたい場合は通常、銀行カードローンから探すようにしましょう。

 

だいたい30万円位の枠内で借りれます。

 

 

審査は消費者金融系カードローンよりやや厳しめです。

 

 

 

専業主婦とカードローンの種類記事一覧